薬剤師求人 > 管理薬剤師の年収と手当について

管理薬剤師の年収と手当について

医薬品を取り扱ったり販売したり、製造を行っている所には適切に医薬品を管理できる薬剤師を置くように定められています。 具体的にどのような所なのかというと、私たちにとって身近な調剤薬局、ドラッグストア、病院保険薬局、医薬品卸業、製薬会社などです。 これらの所で管理者的なポジションにある薬剤師のことを管理薬剤師といいます。

特別な資格がなくても管理薬剤師になれますが、実際には3年以上の実務経験がないと難しいと言われています。 なぜならこれらの場所では薬以外の知識や経験が必要となってくるからです。

例えば薬局なら医療保険・診療報酬・薬事法などに精通していなければいけませんし、薬剤師としても管理薬剤師としても業務をこなさすことが求められます。

薬の知識以外にも調整力やマネジメント力が必要になる場面に多々遭遇しますし、時には、顧客の対応、パートやアルバイトの管理を任されるので、場所によっては店長以上の権限を持つポジションを与えられるので、決して楽な仕事ではありません。

これらのことから給与は一般的な薬剤師よりも高い場合が多いです。 薬剤師手当や管理薬剤師手当というのは勤務先によって変動があるので一概には言えませんが、大体の平均相場は年間で30~50万円、平均年収は600万円くらいとされています。

大手のドラッグストアなどで店長を兼ねている場合は700~800万円以上になる場合もあります。 本業である薬剤師の仕事とはかけ離れた業務もこなすことになり、正直言ってハードです。 だからこそ自然と年収が高くなるのは当然だと言えます。

医薬品に関わる管理監督や責務を果たしながらも運営業務に携わることになるのでとても忙しくはありますが、所謂一般的な薬剤師の仕事よりもやりがいを感じられるかと思います。 ステップアップするつもりで管理薬剤師に挑戦してみるのもありですね。 仕事を探す際には転職・求人などをサポートしているサイトを利用するといいでしょう。