薬剤師求人 > 管理薬剤師になる方法

薬剤師求人-管理薬剤師になる方法

薬剤師といえば調剤薬局で働いているというイメージがありますが、実は色んなところで必要とされているお仕事なのです。

病院の調剤薬局以外にも製薬会社、化粧品メーカー、食品メーカー、治験会社などの数多くの企業で活躍しており、中には厚生労働省や行政機関で公務員として働いている人もいます。 薬のスペシャリストとして活躍している薬剤師は、薬の調剤だけでなく服薬指導を行ったり、薬事衛生などに精通していることから、活躍できるフィールドが実は広いのです。
治験コーディネーター(CRC)の治験とGCPとは何?

チーム医療や新薬開発の際にも力が必要とされています。 こういった需要が高まる中、現在では6年制の薬学教育が実施されており、これからは即戦力として活躍できるような薬剤師がどんどん増えることでしょう。

このように一口に薬剤師といっても様々な場面で活躍しており、その中には管理薬剤師と呼ばれている人たちがいます。 管理薬剤師というのは薬の製造や販売、取り扱いを管理する立場にある人たちのことを指します。

病院の保険薬局、ドラッグストア、薬局、薬品卸業などは、薬事法によって医薬品を適切に管理できる薬剤師を置くようにと定められているので、いずれの所にも必ず管理薬剤師がいます。 管理薬剤師という名の資格はないので、薬剤師であれば誰でもなることが可能です。

しかし、実際には薬以外にも職場毎の専門知識が必要となってくるので、簡単にはなれません。 例えば薬局なら処方箋に基づいた調剤を行うことになるので、医療事務や医療保険、レセプトの知識が必要になります。

医薬品の卸業なら薬事法や薬剤師法といった法律関係の知識がないと難しいでしょう。 ドラッグストアや薬局では顧客対応や棚卸、商品のディスプレイに至るまで、薬以外の業務も任されることになるので、他のスキルも高めていかなくてはなりません。

具体的に管理薬剤師になる方法はありませんが、知識と経験を積むことでそのポジションにつける可能性があります。